仲見世通り以外も見逃すな!浅草食べ歩きスポット裏道10選

はじめに

浅草で食べ歩きといえば、仲見世通り!仲見世通りにある食べ歩きのスポット言えば、きびだんごの「あずま」やあげ饅頭の「九重」が私の定番!きっとご存知の人も多いですよね?でも、すでに定番は行き尽くしたって人も多いハズ。そんなあなたのために、今回は仲見世通り以外の浅草食べ歩きスポットをご紹介したいと思います!

そこにも行きたかったんですが、知っているところを紹介してもしょうがないので、笑 今回は仲見世通り以外の道にある食べ歩きグルメを楽しんできました。新しくオープンしたお店や老舗まで色々とご紹介します。

1. 紅鶴のふわふわパンケーキ

street food asakusa

紅鶴さんは、おにぎり屋さんの「宿六」の大将に教えていただいたお店で、最近オープンした割と新し目なカウンターのみのパンケーキ屋さんです。

インテリアがすごく凝っていて、和テイストのおしゃれバーって感じで渡したとても好み。店内はもちろん女子ばかりでした。笑

開店前には毎日列ができるほどの人気店。完全当日予約制なので、並ばずには入れません。私たちは平日昼過ぎに行ったので運よく1時間後の予約が取れました。ちなみに、予約時にデポジットを一人1000円支払って、後から差額を追加で支払うシステムでした。

street food asakusa

メニューはかなりシンプルで、4つくらいしかなかったかな。私たちは、朝食っぽいベーコンエッグと一番ベーシックなハチミツとバターをオーダー。

周りを見渡すと、プレーンとフルーツをオーダーしている方が多かったような気がします。

こちらのパンケーキはふるんっふるんで最高に美味しいんです。リコッタチーズが入ってるぷにゅって感じのじゃなくて、ふわさくのスフレタイプって言えばいいのでしょうか。作ってる時にめっちゃ泡だててたから、そのお陰かしら。また行きたいなーってなるお店です。

street food asakusa benitsuru

2. セキネの肉まん

street food asakusa sekine

セキネは結構有名ですが、美味しいのでランキングに入れさせてください。笑

実は創業1954年の老舗のセキネ。シュウマイも売っていますが、私が好きなのは肉まん。何回食べても美味しいのヨネ〜。

street food asakusa

セキネの肉まんはとにかくジューシーで、甘みの強いアン。旨味がすごいんだなー。皮はかなり肉厚なんですが、ホワッホワで肉汁をよく吸ってくれて美味しいんです。

絶対押さえておきたいお店です。

3. 浅草メンチのメンチカツ

street food asakusa menchi

浅草メンチはツレのお気に入りのメンチカツ屋さん。伝法通りにあります。私、結構脂っこいので私は若干苦手ですが、ツレはこよなく愛してやみませんのでランクイン。

浅草メンチのメンチカツは、皮が結構分厚くてしっかりしてます。中のあんは結構甘く、しっかり味付けがされていて

street food asakusa menchi

This shop gets extremely busy on the weekend and the eating space which is on the left side of the shop gets packed. I like taking right-off-the-fryer menchi and eating in on the Sumida Park. 

4.写楽のたい焼き

street food asakusa taiyaki

メディアでも結構取り上げられているたい焼き屋さん「写楽」は、浅草寺の裏、道を渡ったところにあります。

私もツレも実はたい焼きは好きじゃないんですが、写楽のたい焼きはめちゃくちゃ美味しいと納得。そもそも、普通のたい焼きはふわふわ、またはカリフワしたものが主流ですが、写楽はカリカリのサクサク!軽いビスケットにあんこをつけて食べている感じなんです。

street food asakusa taiyaki
street food asakusa taiyaki

写真で見るとわかると思いますが、端はかるーく焦げててサックサクなんですよね〜。あんこも甘すぎずいい感じ。

因みに、写楽の店主さんはめちゃくちゃ気さくで、色々とお話を伺えました!

5. 宿六のおにぎり

street food asakusa

浅草に東京で一番古いおにぎり屋さんがあったって知ってましたか

おにぎり屋さんの「宿六」は中に入るともはやお寿司屋さん。雰囲気のあるカウンターにはおにぎりネタが並べられています。メニューは壁に書かれていて、ほとんどが280円で、いくらなどのプレミアムなネタは690円でした。決して安くはありませんが、味は格別です。

street food asakusa onigiri

お米はふわっと絶妙に握られていて、のりはしっとり感とパリパリ感の両方が楽しめるように片方は立っています。口にほうばると、柔らかく握られたお米がほろほろと崩れる感じ。うめー!

6. からあげ縁浅草総本店の唐揚げ

street food asakusa karaage

からあげ縁 浅草総本店は、唐揚げに目のないツレがどうしても食べたいと駄々をこねて飛び入りでトライしたお店なんですが、ここが抜群に美味しかったのでご紹介。

恐らく、地元の方が夜のおかず用に買っていくような唐揚げの惣菜店で、量り売りで購入するシステムです。私たちは、、というかツレは辛旨の赤唐揚げが新発売との事なのでそれとジューシーもも丸をゲット。

street food asakusa fried chicen

どちらも味付けがしっかりとしていて、お肉は超ジューシー。メニューの名前通りです!笑 辛旨の方は、そこまで辛くなく、いろんなスパイスの香りがしてこれまたまいうー。

1日浅草で遊んだ後に、夜ご飯のおかずにお土産で買うのもアリかも。

7. 桃太郎の団子・おもち

street food asakusa momotaro

桃太郎は、1871年から同じ場所で営業し続けている超老舗のお団子屋さん。店頭に創業当時のお店の写真が貼られているので要チェックです。(結構綺麗でびっくり)

こちらは地元の方にとても人気のようで、私たちがどれを買うか決まらずワチャワチャしている間に、2組のおばちゃんたちが買いに来ていました。

street food asakusa momotaro
street food asakusa

店主さんにどれがおすすめか聞いて見ると、しょっぱい気分なら焼きだんご、甘いのなら豆餅が人気とのこと。しょっぱい気分だったので焼きだんごに決定!醤油味とのことで香ばしくかなりモチっとしていました。豆餅は焼かずに食べるそうで、次回はそっちを買おうとプラン中。

8. フルーツパーラーゴトーのフルーツパフェ

asakusa fruits

浅草ひさご通りにある、おしゃれでモダンな佇まいの「フルーツパーラーゴトー」では豪華なフルーツパフェが楽しめます。てっきり新しいお店なのかと思いきや、何と1946年創業なんだそうです。元々は青果店で、60年代にフルーツパーラーを初めて今に至るんだそうです。店内に入ると、片隅にフルーツが売られていました。

asakusa fruit parfait

パフェは結構いろいろバリエーションがあって、どれもハズレなし!私たちはサマーティアラといういちごを使ったパフェをオーダー。酸っぱ味の強いいちごは、甘いアイスとクリームにぴったりでした。

9. 寿々木園の世界一こい抹茶あいs寿々木園

street food asakusa matcha gelato

1848年創業の老舗茶屋の寿々木園と京都の抹茶スウィーツメーカーのななやがコラボした抹茶アイスのお店。

抹茶のレベルは1から7まであって、7は世界で一番濃いんだそう。とりあえず、レベル1とレベル7を食べ比べて見ることにしました。

 左がレベル1、右がレベル7

左がレベル1、右がレベル7

 レベル7実食中

レベル7実食中

正直にいうと、レベル7は抹茶初心者の私には苦すぎて苦すぎて…笑 口に含んだ瞬間に、口から全身に苦味が発信するというか…笑 きっと抹茶に慣れているとこの香りがたまらないんだろうと思います。ダークチョコレートみたいな感じで?

レベル1はめちゃくちゃ美味しい、抹茶の香りがほんのり漂うくらいのアイスでした。私はこれを次回買います。

10. 安兵衛で昼飲み

street food asakusa yausbei

安兵衛は、立ち飲みの焼き鳥屋さんで、中には小皿の料理が200〜 300円くらいの値段で売っています。激安ですよ。地元の人が飲んでいる感じだったので若干入りずらかったんですが、店員さんが超優しく話しかけてくれたので、無事入店できました。笑

こちらでは焼き鳥の盛り合わせをいただいたんですが、これが最高に美味しい!完璧な焼き加減に美味しいにんにく醤油のタレ!

おすすめです。